« パフォーマンスホース2012 | トップページ | パフォーマンスホースEX »

2017年6月29日 (木)

ザ・シークレット・ホース







ザ・シークレット・ホース





競馬はデータが全て。



私はそう思っています。



過去20年間牝馬が一度も勝っていないレースとわかっていたら、

このレースの牝馬の単勝を買う自信はありますか?



過去8年間で東京ダート1300mのレースで逃げ馬の複勝率は51%で複勝回収率は150%だとしたら、

人気薄の馬でも狙ってみたくなりませんか?





他にも



東京ダート1600mは外枠の差し馬有利

中山芝1800mは良馬場ならタニノギムレット産駒、道悪はオペラハウス産駒が狙い目

最近5年の長距離G1のうち40%を母父SSの馬が占めている

▲(3kg減量)騎手はダート長距離と芝の道悪で狙え

外国人騎手は6~8枠に入ると単勝回収率が150%

ラジオNIKKEI賞は父がサンデー系でない馬

父サンデー系の場合は「主流」種牡馬の仔ではない馬

なお今開催はミスプロ系・ノーザンダンサー系が健闘

函館スプリントSはパワー・スタミナ血統を重視、ミスプロ系は軽視

アイビスSDはダート短距離でも勝ち星がある馬

函館記念はスタミナ型サンデーや欧州型のスタミナ血統を父か母父に持つ馬

小倉記念はグレイソヴリンの血を持つ馬

クイーンSは差し追込み馬なら、5枠よりも内枠の馬

函館2歳S前走、2番手以下の競馬をしていた1~2人気は信頼できる

北九州記念はバクシンオー産駒、または父系か母系がミスプロ系の馬、

もしくはダート寄りの血統馬が強い



ただのデータの確率論じゃないか!



そう言われればもっともです。



しかし、プロ野球の大打者じゃありませんが、

馬券の世界も的中率が3割を超えれば優秀といわれる中、



その確率論で選択した軸馬の的中率が7割を超えている予想があれば、

あなたは「ただの確率論だろ」と一笑できますか?





>>>ザ・シークレット・ホース









« パフォーマンスホース2012 | トップページ | パフォーマンスホースEX »

競馬」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

おすすめ人気サイト